たかみなこと高橋みなみさんが1年間で6キロのダイエットに成功した方法を解説!

たかみなこと高橋みなみさんが1年間で6キロのダイエットに成功した方法を解説!

大人気アイドルグループ、AKB48の元メンバー高橋みなみさん。常に美しいスタイルをキープしていたのですが、一時期少し太ってしまったこともあるんです。しかし今となっては、周りに心配される程に痩せており、かなりのダイエットに成功したようです。そんな高橋みなみさんのダイエット方法を詳しくご紹介しましょう!

元AKB48の高橋みなみさんって、最初デビューした頃よりかなり痩せていますよね。

そうね。お顔がスッキリして、別人のようだわ。

一体どんなダイエットをしたんでしょうか。やっぱり芸能人だから、さぞかし厳しいダイエットなんだろうな、、。

高橋みなみさんが行うダイエットは、私たちでも簡単にできるものばかりよ。ゆる美にできるかどうかは分からないけれど、高橋みなみさんのダイエット方法を詳しく教えてあげるわ。

 

高橋みなみさんは1年間で6キロのダイエットに成功!

大人気の女性アイドルグループ、AKB48。そんなAKB48の元メンバーである高橋みなみさんは、かつて「ちょっと痩せた黒沢さん」と言われるほど少し太っていた時期があるんです。
しかし2015年に、高橋みなみさんがものすごく痩せたということが話題になりました。整形を疑われるほど顔がスッキリし、手足も鶏ガラのように痩せてしまっていたのです。
一体高橋みなみさんは、どのようなダイエットで痩せることに成功したのでしょうか。高橋みなみさんのダイエット方法について、詳しく見て調べてみましょう!

 

高橋みなみさんの基本情報

高橋みなみ高橋みなみさんはAKB48 の1期生、つまり1番最初のメンバーでした。たかみなの愛称で人気を集め、なんとAKB48の初代グループ総監督も務めていたんです。
しっかりとした頼もしい性格や自分に対して厳しくストイックな性格から、高橋みなみさんが普段から自分の美容健康を厳しく管理していることが容易に想像できますね。
多少の変化はあるものの、デビューしてから今までの間に激太りしてしまったということはありません。常にアイドルとして恥ずかしくない体型をキープしてきたんです。

 

基本情報

  • 生年月日:1991年4月8日
  • 年齢:27歳
  • 星座:牡羊座
  • 所属:プロダクション尾木
  • 身長:148cm
  • 体重:37kg(推定)

 

高橋みなみさんの太っていた過去とは?

高橋みなみ_before高橋みなみさんはもともと、「痩せたい時に痩せられる」と豪語できる体質の持ち主です。
しかし20歳になってからお酒を飲むようになったり、仕事のストレスを感じたりすることが原因で、一時期は少し太っていたんです。最も太っていたのは「Everyday、カチューシャ」をリリースした時期で、その時の体重は43kgだったと高橋みなみさん自身が語っています。世間一般的にはそれほど太っていると感じられる体重ではありませんが、その時の高橋みなみさんを見たファンからは、「森三中の黒沢さんかと思った」「ちょっと痩せた黒沢さん」というコメントがたくさんあがっています。アイドルでありながら、「芸人顔」と言われるまでふっくらしてしまったんですね。

 

高橋みなみさんがダイエットに成功した3つの方法

常にすらっとしたスタイルをキープしてきましたが、一時期少し太ってしまった高橋みなみさん。しかし、持ち前のストイックさにより1年間約6kgのダイエットに成功したんです。もともと43kgという体重から、6kgも減らすことができるのはすごいですよね。
高橋みなみさんのダイエット方法はおもに食事制限が中心です。医者に「栄養失調」とまで診断されるほど痩せた、高橋みなみさんの3つのダイエット方法を詳しくご紹介しましょう!

 

  1. 汁物中心の食生活
  2. 夕食を早く済ませる
  3. 辛いものを食べる

 

ダイエット方法1|汁物中心の食生活

味噌汁高橋みなみさんはダイエット中、食事を豆乳やジュース、味噌汁、スープ、おかゆなどの汁物を中心に摂取していました。
汁物にすることで1日の総カロリーを減らすことができる上に、デトックススープなどを作れば体の毒素を排出してキレイになることもできるんです。
こちらはかなり厳しいダイエット方法なので、挑戦するなら短期間で行うのが良いでしょう。

 

汁物ばっかりなんて、満足できなさそうですぅ、、。

そうね。でも水をたくさん飲むとお腹が満たされるでしょう?一時的には満足できるわよ。

確かにそうだけど、それでもすぐにお腹が空いてしまいそうですね。高橋みなみさんってすごいです、、。

意思の強さがゆる美と比べ物にならないわね。まぁこのダイエットはかなり痩せてしまうから、1週間から長くても1ヶ月で止めるのがベストよ。

 

ダイエット方法2|夕食を早く済ませる

痩せ時間ダイエット中は20時以降食べない!というような、夕食を早く済ませるダイエット方法は有名です。
高橋みなみさんは1番早い時間で、なんと14時に夕食を済ませていたこともあるんです。寝る前にお腹が空いてしまいそうですが、早く夕食を済ませることで1日の総カロリーを減らすことができます。また胃腸を休めて機能を十分に回復させることができるので、痩せることができたんですね。

 

このダイエットも、寝る前にすぐお腹が空いてしまいそうですぅ、、。

そうよね。夜も早く寝ないと、間食してしまう恐れがあるわ。

14時なんて、お昼ご飯じゃないですか!夕方にならない内に寝なきゃだめですね。

ゆる美の場合はね。高橋みなみさんはアイドルという仕事上、夜まで仕事がある日もあったはずよ。とても自分に厳しいわよね。

 

ダイエット方法3|辛いものを食べる

香辛料辛いものを好んで食べる高橋みなみさん。辛いカレーやタイ料理などをよく食べるんだそうです。
辛いものは血流を良くし、代謝を上げるので痩せやすくなります。体温もあがり、お肌にも良い影響を与えることができるんです。
辛いものは人によって好き嫌いが分かれますが、辛いものが好きという方はぜひこちらのダイエットに挑戦してみましょう!

 

このダイエットは辛いもの好きにはピッタリですね!

そうね。辛いものが好きな人にとっては、ストレスなくダイエットができる良い方法だわ。

でも夏に辛いものばっかり食べると、汗がかなり出そうですね。私ならくじけてしまいそうです。

確かにね。でも夏に、暑いからって冷たいものばかり飲んだり食べたりしたら代謝が下がってしまうわ。夏でも頑張って高橋みなみさんのように辛いものを食べることで、お肌も美しく痩せられるわよ。

 

体重キープ!高橋みなみさんの現在のダイエット方法

37kgに激やせしてからも、その体重を今でもキープし続けている高橋みなみさん。仕事柄ストレスも感じやすい環境にいる中で、この体重をキープできるのはすごいですよね。
そんな高橋みなみさんの体重キープの方法を詳しくご紹介します。

 

徹底した食事制限

食事制限_汁物汁物を多く取り入れ、1日の総カロリーを考えて食事を取る高橋みなみさん。その徹底した食事制限で、37kgという体重を保ち続けているんですね。
ある程度運動を頑張っていても、摂取カロリーが多くては痩せることはできません。ダイエットに中々成功できないという方は、ぜひ食事制限に力を入れてみてください。

 

ストレッチなどの運動

腹筋高橋みなみさんのダイエット方法は、食事制限だけではありません。やはりストレッチ体操などの運動を意識して取り入れているんです。
特に、腹筋の態勢で上半身を床と45度になるようにキープする「お腹引き締め運動」で、ぽっこりお腹も改善することができたのだそうです。お腹のたるみが気になる方は、ぜひお腹引き締め運動にチャレンジしてみましょう!

 

デトックススープをアレンジ

デトックススープ汁物を多く取り入れる高橋みなみさん。特にデトックススープは、毎回アレンジをして飲んでいるんです。
いくら食事制限をするとはいえ、毎日同じメニューでは飽きてしまいますよね。
スープをアレンジすることで、楽しくダイエットができるんですよ。その結果、長くダイエットを続けられるので体重をキープすることができます。

 

なるほど。高橋みなみさんのダイエットは、ストイックでありながらも長く続けられる工夫がされているんですね。

そうよ。ダイエットは続けるのが1番大切だものね。高橋みなみさんのように、自分に合ったダイエット方法で長く続けることが成功への秘訣よ。

毎回無茶な計画を立てるから、私のダイエットは失敗するんですね。高橋みなみさんを見習って、自分に合ったダイエット方法を見つけます!

ゆる美の場合、意思の弱さも原因だけど。でも、高橋みなみさんのように自分に合ったダイエット方法を見つけるのは確かに大事だわ。

 

まとめ:高橋みなみさんのダイエット方法で、アイドルのようなスタイルを手に入れる!

高橋みなみさんって芸能人だし、ストイックな性格だからもっと特別なダイエットをしてるのかと思ってました。

ダイエットは方法よりも、続けることが大切なの。それに、芸能人も私たちが真似出来るようなダイエット方法をいくつも行っているのよ。高橋みなみさんも例外ではなかったみたいね。

なんだか、高橋みなみさんを尊敬しちゃいます!よーし、私も今日から高橋みなみさんダイエットに挑戦するぞー!

その調子よ。いつまで続くかしらね。

 

高橋みなみさんのダイエット方法まとめ

  • 汁物中心の食事を心がける
  • 夕食は早めの時間に食べる
  • 辛いものをたくさん取り入れる
  • ストレッチや体操などの運動もする