黒汁(KUROJIRU)の効果的な飲み方・タイミング|カロリーや味は?美味しいレシピも伝授!

黒汁(KUROJIRU)の効果的な飲み方・タイミング|カロリーや味は?美味しいレシピも伝授!

黒い食べ物はダイエットや健康に良いと言われていますが、この黒汁にはそんな黒い食べ物の成分が9種類も含まれているという体に優しく飲みやすい味わいのクレンズドリンクです。レイザーラモンHGさんの妻である住谷杏奈さんがプロデュースしている事で有名な一方、SNSなどでの口コミが広まって人気を集めているドリンクでもあるため、ダイエット中の人はもちろん、健康に気を使いたい人にもおすすめです。今回はそんな注目の黒汁の魅力を始め、効果的な飲み方やアレンジレシピ・おすすめの飲むタイミングなどについてたっぷりご紹介していきます。

黒汁(KUROJIRU)のダイエット効果は飲み方次第!

黒汁

ダイエット効果が期待できると言われている黒汁ですが、とりあえず何となく飲むというような適当な飲み方では本来期待できるはずの効果も期待できなくなってしまいます。
反対に、しっかりと効果的な飲み方をする事で、より高いダイエット効果が期待できるようになるのです。

また、どんな飲み物でも好き嫌いがあるように、黒汁の味が苦手という人も少なからずいます。しかし、アレンジをすると苦手な味でも美味しく飲めるようになるので、積極的にアレンジするのがおすすめです。

このように、黒汁を正しい飲み方で飲みつつもアレンジメニューを加えていく事で、より効果的かつ飽きずにダイエットを継続する事ができます。

 

黒汁(KUROJIRU)とは?

黒汁

黒汁とは、これまで数々の美容関連商品を作り出してきた住谷杏奈さんがプロデュースしたクレンズドリンクで、すっきりフルーツ青汁で有名なFUBIUSとコラボして作られています。

ドリンクの色が黒色和テイストな味わいと、今までになかったカラーや味という事で衝撃がある一方、女性に嬉しい成分や高いダイエット効果が期待できる成分が含まれているという事で人気を集めています。

黒汁(KUROJIRU)の公式サイトへ

 

黒汁(KUROJIRU)の味・カロリーは?

黒汁をファスティングや置き換えダイエットなどに取り入れる場合、口にするものがこのドリンク中心となるので、カロリーが抑えられていてなおかつ美味しくて飽きにくい味でないと継続するのが難しいものです。
ここではまず黒汁の気になる味やカロリーについて見ていきましょう。

 

黒汁(KUROJIRU)の味

黒汁は黒糖の香りがほんのりする玄米味です。黒汁という名前だけを聞くと美味しくなさそう・味が想像できないというように思われがちですが、甘さが抑えられていてクセがないので飲みやすくなっています。
また、どのような料理と組み合わせて飲んでも相性が良いと言われています。

 

黒汁(KUROJIRU)のカロリー

黒汁のカロリーは1杯あたり11.4kcalで、とても低カロリーです。その為、黒汁を食事に取り入れて飲む代わりに何か別の料理を減らす事で、摂取カロリーを抑える事ができます。

\詳しい情報は公式サイトチェック/

黒汁(KUROJIRU)の公式サイトへ

 

黒汁(KUROJIRU)の基本の飲み方・割り方

そのまま飲んでも美味しく飲める黒汁ですが、飲み方のバリエーションは豊富な方が楽しめますよね。ここでは基本的な飲み方を始め、美味しく飲める割り方を見ていきましょう。

 

黒汁 成分 住谷杏奈 ダイエット

1番スタンダードな飲み方なのは水で割る方法です。黒汁1包に対し、水もしくはお湯を100ml加えて混ぜ合わせます。サラリとした口当たりで飲みやすく味も強調し過ぎないので、食事中に飲んでも他の料理の味の邪魔をしません。
また、水であればどこにでもあるので外食の際にも作りやすいですよね。

 

牛乳・豆乳

豆乳 黒汁

黒汁は玄米味というダイエットドリンクではあまり見かけない和テイストな味わいとなっているので、牛乳や豆乳を組み合わせると黒汁ラテを作る事ができます。
牛乳もしくは豆乳100mlに対して黒汁1包を混ぜ合わせるだけで完成です。甘さが足りないという場合は、お好みで砂糖を足して調整するのがおすすめです。

 

ミルクティー

ミルクティー100mlと黒汁1包を組み合わせると、黒汁ティーラテを作る事ができます。牛乳や豆乳と組み合わせるアレンジ方法に比べると、奥行きがあり香ばしさがほんの少し強調される味わいになります。
自宅で簡単にカフェのようなティーラテを作り出す事ができるうえに、満腹度も高いです。

 

スムージー

スムージー 黒汁

ダイエットドリンクにダイエットドリンクを組み合わせるという不思議なアレンジですが、これもまた意外と美味しく飲めるアレンジ方法です。
作り方は、自分の好きなスムージー100mlに黒汁1包を組み合わせて混ぜるだけでOKで、選んだスムージーの味によって違った味わいが楽しめるので飽きにくいです。

 

黒汁(KUROJIRU)の美味しいアレンジレシピ

ドリンクとして飲むのも良いですが、料理に取り入れてアレンジしても美味しいです。ここでは黒汁の味があまり得意でないという人でも無理なく続けられるアレンジレシピをご紹介していきます。

 

ヨーグルト

黒汁 ヨーグルト

アレンジレシピの中でもスタンダードなヨーグルトと混ぜ合わせる方法ですが、ヨーグルト100mgに対して黒汁を半包混ぜ合わせて作ります。
このまま食べても美味しいですが、苺やバナナなどのフルーツをトッピングしても美味しいです。

また、ヨーグルトを温めて食べるのもおすすめで、そのまま食べるよりも乳酸菌の活性化に繋がるとされているので便秘解消に効果的です。この場合、ヨーグルトを温めてから黒汁を混ぜ合わせて下さい。

 

アイスクリーム

黒汁 アイスクリーム

少し変わったアレンジレシピとしてはアイスクリームがおすすめです。作り方は市販のバニラアイス100gに黒汁を半包ふりかけるだけで完成です。
お好みできな粉や黒蜜などをかけたり、フルーツやナッツ類をトッピングしても美味しいです。また、バニラアイスでなく抹茶アイスにしても美味しく食べる事ができるのでおすすめです。

\もっと色んなアレンジを見る/

黒汁(KUROJIRU)の公式サイトへ

 

効果が変わる!黒汁(KUROJIRU)の痩せやすい飲むタイミング

飲むタイミング

せっかく黒汁を飲むのであれば、より効果が得られやすいように飲む方が良いですよね。より効果をアップさせるために、飲むタイミングを少し工夫をするだけでも結果は大きく変わってきます。

 

食前に飲む

食事をする前のタイミングで黒汁を飲むと空腹感が抑えられるので、ご飯を食べ過ぎてしまうのを防ぐ事ができます。また、黒汁は低カロリーかつ低糖質なので、血糖値が急激に上がってしまうのを抑えゆるやかに上昇させてくれるので、太りにくい体を作る事ができる他、糖尿病などの病気予防にも繋がるとされています。

 

お腹が減った時に飲む

食事以外にお腹が減ったと感じる時がありますよね。そのような時、ついついおやつを食べてしまったり食べ過ぎてしまったりしていませんか。もちろんおやつ自体がNGという訳ではありませんが、できる限り食べないようにする、もしくは低カロリーにする方が痩せやすいです。
黒汁は低カロリーかつダイエット効果が期待できる成分が含まれているので、空腹時のおやつ代わりに飲むのも効果的な飲み方なのでおすすめです。

 

朝起きてすぐに飲む

朝は睡眠していた事もあって、胃の中が長時間空っぽになっている状態です。この状態の体に黒汁を入れる事で胃の中が刺激され、腸の働きを活発にしてくれます。腸の働きが活発になると体に不要な物を外に出してくれるので、便秘解消効果が期待できるとされています。

なので、普段から便秘気味という人は起床後に黒汁を飲むのが特におすすめで、効果的な飲み方だと言えます。

 

黒汁(KUROJIRU)で置き換えダイエットする方法

黒汁

黒汁で置き換えダイエットをする方法はとても簡単で、朝・昼・夜のどこかのタイミングで1食分の食事の代わりに黒汁を飲むだけという方法です。
短期間でのダイエットに成功したいという人は、3食のうちの2食分を置き換えてもOKで、2食分を置き換えた方がより効果が期待できるとされています。

\大幅痩せしたいなら…/

黒汁(KUROJIRU)で置き換えダイエット!

 

黒汁(KUROJIRU)でファスティングする方法

黒汁 ファスティング

黒汁は置き換えダイエットだけでなくファスティングにも取り入れる事ができます。ここでは分かりやすく短的にお伝えしていきます。

 

1|準備期間を作る

ファスティングをする期間によって準備期間も違ってきますが、主に1〜2日前から徐々に食事を制限して減らしたり調整していき、ファスティングの準備体制を整えます。準備期間中でも黒汁は飲んでいてOKです。

 

2|ファスティング開始

ファスティング開始からは主にこの黒汁のみ、もしくは黒汁と何か決められた同一食材1品のみ(バナナやトマトなど)を用いてダイエットを進めていきます。飲み物は水かお茶なら飲む事ができます。

 

3|回復食期間

ファスティング期間が終わると回復食期間に入ります。回復食期は徐々に食べ物を増やしていく期間で、始めは重湯やおかゆなどからスタートします。1〜3日程度、回復食期間を設け、その後ファスティング前の食事に戻ります。この期間も準備期間同様に黒汁を飲んでいてもOKです。

\短期集中ダイエット/

黒汁(KUROJIRU)でファスティング

 

黒汁(KUROJIRU)のNGな飲み方

黒汁 成分 住谷杏奈 ダイエット

黒汁の効果的な飲み方がある一方、効果的でない飲み方ももちろんあります。なんとなく飲んでいると効果的でない飲み方をしてしまってる場合もあるので、しっかりとここで確認しておきましょう。

 

食べ過ぎには注意

いくら黒汁を効果的な飲み方で飲んでいても、食べ過ぎてしまっていては結果が出ないとどころか逆に太ってしまう恐れもあるのです。
例えば、朝食を置き換えているけれど、その分昼食と夕食はいつもよりたっぷりと食べているなどが挙げらます。

ダイエット中は黒汁で1食分を置き換えていても、食事の量は増やさずに、いつもと同等量か少なめにするのが理想的です。

 

就寝前や深夜に飲むのは避ける

就寝前や深夜に黒汁飲んでしまうと、エネルギーを抱え込もうとして脂肪が蓄積されやすくなります。なので、お腹が減って空腹感があったとしても就寝前や深夜に黒汁を飲むというのは避けるのが理想的です。

また、夕食を黒汁で置き換える場合ですが、出来る限り早めの時間に夕食を済ませるのがおすすめで、遅くても22時までに飲むようにしましょう。

 

アレンジレシピにも気をつける

今回、黒汁のアレンジレシピとしてヨーグルトとアイスに混ぜる方法をお伝えしましたが、もちろんこれ以外にも自分次第でアレンジレシピはたくさん増やせます。しかし、アレンジレシピに含まれる食材のカロリーを意識しておかないと、抑えられるはずのカロリーも抑えられなくて逆にオーバーしてしまう可能性もあります。

今回ご紹介した中でもアイスは特に注意が必要で、毎回アイスにかけるというアレンジ方法で黒汁を摂取していてはカロリーオーバーになってしまうので意識して気をつける事が大切です。

 

黒汁(KUROJIRU)の「効果あり」の口コミ

購入する前にどうしても気になるのは、試した事がある人の口コミです。どのような効果が得られたのか、実際に黒汁を試した人の口コミをチェックしてみましょう。

黒汁はスムージーではあまり見かけない和テイストな味わいとなっていて、とてもお気に入りです。楽しく続けられるので私でも簡単にスッキリ痩せる事ができた。

準備で忙しい朝に置き換える事を決めました。知らず知らずのうちに6kgも痩せていたのでとても驚きました。

クセがない味わいでとても美味しく、体の内側からデトックスする事ができました。

甘味料が不使用なので、変な甘さが感じられずナチュラルな味わいで飲みやすかったです。アレンジメニューも豊富なので飽きずにダイエッにを成功する事ができました。

野菜や果物などの酵素がたくさん入っているのに、味は甘くない玄米茶風。スッキリと飲みやすかったので、これから効果が出るのを期待したいです。

\口コミをもっと見たいなら…/

黒汁(KUROJIRU)の公式サイトへ

 

他と違う!黒汁(KUROJIRU)が続けられる理由とは

黒汁

数あるダイエットドリンクと黒汁には一体どのような違いがあるのでしょうか。ここでは黒汁が続けやすいとされる理由や特徴を見ていきましょう。

 

ダイエットドリンクにはあまりない和テイストな味わい

ダイエットドリンクにはたくさんの種類がありますが、その中でも和テイストな味わいのものはあまり見かけずかなり少ない傾向にあります。そんな中、この黒汁は玄米味という和テイストとなっているので普通のお茶としてもホッと一息つけるラテとしても飲む事ができ、バリエーション豊かに楽しめるドリンクになっています。

 

女性に嬉しい成分がたっぷり

黒汁にはダイエットサポート成分を始め、女性に嬉しい成分がたっぷりと含まれています。黒汁の代表的成分である3つの炭のクレンズ成分やダイエットサポート成分である9種類の黒成分に加え、2種類の乳酸菌と250種類以上の植物や果物発酵エキスが配合されているので、体内の不要なものをデトックスしたりお肌の調子を整えてくれたりという効果が期待できます。

 

持ち運びしやすい個包装タイプ

黒汁は1包1包、個包装の使い切りタイプになっているので持ち運びにとても便利です。また、自分で野菜や果物を購入して作るよりも時短かつ手軽に作る事ができるので、手間が省け時間にゆとりを持つ事ができます。場合によっては手作りするよりもコストが安く抑えられるというメリットもあるので、継続しやすいと言えるのです。

 

黒汁(KUROJIRU)の正しい飲み方をマスターしよう

黒汁の効果的な飲み方をマスターすれば、ダイエット成功に近づけるのはもちろん、美肌効果や太りにくい体作りなどの効果も期待できるようになります。黒汁の飲み方やアレンジレシピをうまく活用したり、痩せやすい飲むタイミング・NGな飲み方などをしっかりと確認しておいたりして、ダイエット成功を目指しましょう。

黒汁(KUROJIRU)の効果的な飲み方に関するまとめ

  • ダイエットドリンクの中でもあまり見かけない玄米味ですっきり飲める
  • 牛乳や豆乳だけでなくミルクティーやスムージーと割っても美味しい
  • 味に飽きてきた場合にはヨーグルトやアイスなどのアレンジレシピを活用!
  • 食前や起床後すぐに飲むと事でダイエット効果アップが期待できる
  • お腹が減った時にもおやつではなく黒汁で代用すると、より効果アップ!
  • あくまでもダイエット中。食べ過ぎやカロリーの取り過ぎには要注意!
  • ファスティングや置き換えダイエットにも取り入れOK
  • ダイエット効果だけでなくお肌の調子を整えてくれる効果も!

 

\今回リサーチしたアイテム/

黒汁

黒汁(KUROJIRU)の公式サイトへ