コンブチャはアルコールと併用できる?|コンブチャとお酒の美味しい割り方

コンブチャはアルコールと併用できる?|コンブチャとお酒の美味しい割り方

海外ではすでに、コンブチャのお酒が商品として売られているほど、コンブチャとアルコールの組み合わせは一般的です。日本のコンブチャは基本ノンアルコールなので、ご自宅でお好きなアルコールと組み合わせを楽しむことができます。そこで今回は、コンブチャに相性の良いお酒や、美味しい割り方を紹介します。また、アルコールとコンブチャを一緒に摂ると得られる嬉しいメリットについても解説。記事後半では、アルコールとコンブチャを併用する注意点もしっかり説明します。

アルコール入りのコンブチャが海外で人気

アメリカ西海岸でセレブ達に愛飲されたことから、日本国内でも話題になっているコンブチャは、デトックスや美容と健康、ダイエット効果があることが支持されている菌活飲料です。
最近ではヘルシー志向がすっかり定着しているアメリカでは、ダイエット目的以外にも身体に良くて美味しく飲める様々なコンブチャドリンクが販売されています。
アメリカやイギリスで特に人気なのが、コンブチャのアルコール飲料です。
コンブチャビールコンブチャカクテルなどは、美味しくて太りにくいことで人気。
日本で販売されているコンブチャは基本的にノンアルコールのもので、ダイエットやデトックスなど美容や健康にストイックな人向けに開発されています。
そのためコンブチャとアルコールの組み合わせは、まだまだ知られていません。
ただ、せっかく美容や健康に良い効果を得られるコンブチャを、アルコールと組み合わせると意味がないのでは?とも思ってしまいますよね。
まずは、コンブチャとアルコールを組み合わせることのメリットから見ていきましょう。
 

コンブチャはアルコールと併用可能!そのメリットは?

コンブチャ
コンブチャは水や炭酸水、牛乳などで割るのが一般的ですが、アルコールとの相性もいいんです。
コンブチャとアルコールの組み合わせは、お酒として美味しいのはもちろん、アルコールとコンブチャを併用することで、カラダに嬉しいメリットもあるんです。
まずはコンブチャ。コンブチャの効果は、何といっても『デトックス効果』です。
コンブチャに含まれる酵素や乳酸菌、ポリフェノール、ビタミンなどが、デトックスや美容に効果的に作用します。
一方で「お酒は太る」と言われることも多いアルコールですが、適度に摂取することで以下のような効果が期待できるんです。
 

善玉コレステロール

適量のアルコールには善玉コレステロールの量を増やして、悪玉コレステロールを減らす働きがあるんです。
現代人は肉類や乳製品の摂りすぎで、体内に悪玉コレステロールが増えてしまっています。
さらに、過剰な悪玉コレステロールが血管に張り付くことで、体内の血流が悪くなり、最終的に動脈硬化などにつながります。
そこで、適量のアルコールを摂ると、善玉コレステロールが増え、血管に張り付いた余分な悪玉コレステロールを剥がしてくれる働きをします。
ただ、注意するべきポイントは適量のアルコールを飲むこと。
1日の目安は、ビール1瓶または、日本酒1〜2合ほどです。
当然ですが毎日の飲酒は肝臓に負担をかけてしまうので、休肝日を作ることも忘れずに!
 

日本酒に含まれる美容効果

日本酒が含まれているスキンケア商品ってよく見かけますよね?
日本酒に含まれているには保湿、美白、アンチエイジングに効果があります。
コンブチャにも美容効果があるので、日本酒と組み合わせるとさらなる効果が期待できそうです。
そして、日本酒には体温を上げたまま長時間キープしてくれる働きがあるので、冷え性肩こりにも効果があると言われているんです。
 

エンプティカロリー

お酒に含まれているカロリーは、実は脂肪になりにくいカロリーと言われています。
お酒を飲むと、顔や体がカーッと熱くなりませんか?
それは体がアルコールを吸収して、熱を発しているからなんです。
このように、お酒はすぐに熱に変わるので、体内に残りにくく脂肪になりにくいんです。
しかし、お酒を飲む量が多いと肝臓がアルコールの分解だけで疲れてします
その結果、体内に脂肪が蓄積されて太る原因になってしまうので、あくまでも適量を守りましょう。
 

日本のコンブチャ商品はノンアルコール

コンブチャ
アメリカやイギリスなどの海外では、コンブチャ入りのアルコールが含まれていることも多いです。
また近年では、アメリカではコンブチャ自体に0.5%以上の微量のアルコールが検出されたことも話題になりました。
このアルコールは、コンブチャを作ると発酵の過程で稀に発生することもあるもので、現在日本のコンブチャ商品はノンアルコールです。
ただし、自宅で作るタイプのコンブチャは、発酵の過程でアルコールが発生することもあるので、ご注意ください。また、発酵期間が長くなればなるほど、アルコールの度数も上がっていきます
 

【コンブチャ×お酒】美味しい割り方

お酒は健康に悪いと思われていた方も多いのではないでしょうか?しかし適量であれば、カラダに嬉しい効果もあることがお分りいただけたかと思います。
ここからは、コンブチャとお酒の美味しい組み合わせをご紹介していきます。
また、それぞれの割り方で期待できる効果も併せて紹介していきますよ!
 

コンブチャ×ビール

ビール
コンブチャの本場、アメリカで人気の飲み方です。ビールは実は栄養が豊富で、ポリフェノールやビタミンB1、B2、B6などのビタミン類、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラル類や食物繊維が多く含まれています。
日本でコンブチャを飲んでいる人の多くは、炭酸水で割って飲んでいるのではないでしょうか?
コンブチャと炭酸の相性はとてもいいので、王道の組み合わせといえますね。
 

コンブチャ×サングリア

サングリア
サングリアは見た目もオシャレで綺麗ですよね。
赤ワインをオレンジジュースで割って、お好みのフルーツを入れたサングリアは、お家でも簡単に作ることができます。
さらに、砂糖を加えるとジュースのように飲みやすくなりますよ。そして、赤ワインのアンチエイジング効果やフルーツの栄養も取れるので一石二鳥!
味の面でも、コンブチャの酸味がサングリアとあわせやすいのでおすすめですよ。
自分好みの味を自由に作れるコンブチャサングリアは、作ることから楽しめるので自宅の飲み会にもピッタリですね。
 

コンブチャ×蒸留酒

蒸留酒
蒸留酒は、ウイスキー、ブランデー、米焼酎、ウォッカ、ジン、ラム、テキーラ、泡盛などです。カロリーが低いのでダイエット向きなのですが、強いお酒なので飲んだことがない方もいるのではないでしょうか。
コンブチャなら、蒸留酒もカクテルとして割ることで飲みやすくなりますよ。
コンブチャと蒸留酒の水割りだけでは、まだアルコールが強くて飲みにくいかもしれません。
そこで、水を野菜ジュースやフルーツジュースに変えることで、一気に飲みやすいカクテル変わります。
野菜ジュースやフルーツジュースのビタミンなどの栄養も一緒に取ることができますね!
 

コンブチャ×ラム

ラム
爽やかなミントが特徴で夏らしい印象のモヒート。一般的にモヒートはラムに、砂糖とハーブを混ぜてソーダで割るお酒です。そのモヒートのアレンジで紅茶を使うものがあります。先ほどのモヒートに濃いめの紅茶を注ぐだけで完成です!
紅茶を使うカクテルはお店で頼むと手間がかかるので、お家で作るとお得ですよ。コンブチャは昔、紅茶キノコと呼ばれていました。なので、紅茶と相性のいいお酒とは必然的に相性が良いんです!レモン果汁を加えるとさらにスッキリして美味しいですよ。
 

コンブチャ×ウォッカ

ウォッカ
先ほどの蒸留酒のところでも出てきましたが、ウォッカは無味無臭で癖がなく、さっぱりしているので多くのカクテルに使われているお酒です。ここでご紹介するのは、コンブチャとはちみつと生姜、ウォッカの組み合わせです。はちみつは普通のお砂糖と比べると低カロリーで、栄養豊富ですよね。さらに、生姜は体を温める効果があります。
そして、蒸留酒のウォッカは太りにくいというとてもオススメな組み合わせなんです。分量はお好みでどうぞ!はちみつは多めの方が飲みやすいですよ。お好みでジンジャーエールか炭酸水で割ると美味しく飲めます。
 

お酒に合う?コンブチャ製品の味を比較

成分の特徴 形状 1日当たりの値段
コンブチャクレンズ マンゴー味 添加物を一切含まないオーガニック、スーパーフードを原料とする。 ドリンク 180円
コンブッカ 紅茶味 ポリフェノールやビタミンB群、ビタミンCが入っている。 ドリンク 180円
コンブチャマナ ベリー味 粉末タイプのため持ち運びができる。アレンジができる。 パウダー 170円

マンゴー味のコンブチャクレンズは、ラムやキュラソーのようなリキュールと合わせるとトロピカルなカクテルが出来ます。
パイナップルやオレンジを飾ったりすると可愛くてキレイですよ!
紅茶味のコンブッカはアマレットとジンジャーエールで割ったり、カシスやライチなどのフルーツフレーバーのリキュールとの相性◎。
カシスと合わせる場合、牛乳を入れるとお酒が苦手な方にも飲みやすく仕上がるのでおすすめです。
ベリー味のコンブチャマナは、赤ワインとオレンジジュースとお好みのフルーツでお手軽サングリアが作れます。
他にも、ヨーグルトのリキュールでヨーグルトベリーのカクテルが出来ます。
ピンク色で見た目も可愛くできるので、インスタ映えもバッチリです!
そして、全てに共通してよく合うのが、オレンジ系のリキュール。
それぞれの味とオレンジの味がケンカしないので、炭酸を入れても爽やかに仕上がりますよ。
 

コンブチャとアルコールの併用がNGの場合

ここまでコンブチャとアルコールの組み合わせをご紹介してきました!しかし、アルコールには注意点があります。アルコールの悪影響を受ける場合があるので、いくつかご紹介しますね。
お酒だけでなく、自家製のコンブチャなどアルコール分を含むものもご注意ください。

妊娠中は…

妊娠中にお酒を飲むと、アルコールが赤ちゃんの発育の邪魔をします。
そして、未発達児や未熟児、奇形など赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼす可能性が高くなると言われています。
妊娠の週数によっても赤ちゃんに与える影響が変わってくるので注意してください。
妊娠を望まれている方や、妊娠の可能性がある方もアルコールは避けた方がいいようです。
 

ダイエット中は…

お酒はカロリーが高いのでダイエット中は避けましょう!甘いお酒は特に高カロリー。
お酒のカロリーは脂肪になりにくいと説明しましたが、酒を飲むとアルコールが脂肪の分解を邪魔をしてしまいます
せっかく運動や食事制限をして頑張っていても、脂肪を分解できなければ効果は出ません
蒸留酒も低カロリーですが、アルコール度数が高いのでダイエット中はオススメしません。
 

ファスティング中は…

ファスティング中は消化器官を休ませている期間ですが、他の臓器はいつも以上に働いています。いつもは消化に使っているエネルギーをもらって、新陳代謝の活性化や、毒素を排出することなどに集中しています
そんな時にお酒を飲んでしまうと、また消化にエネルギーを取られてしまい、ファスティングの効果を十分に得られなくなってしまいます。
また、ファスティング中のような空腹時に、お酒を飲むと胃もたれの原因となります。
さらに、アルコールは胃ではほとんど分解されずに小腸まで送られるので、腸内環境を荒らす原因にもなります。
 

コンブチャ入りのお酒は適量を楽しんで☆

今回はまだあまり知られていない、コンブチャとアルコールの組み合わせをご紹介しました。
デトックスやダイエット効果に注目されているコンブチャですが、アルコールと組み合わせてもコレステロール値を減らしてくれたり、変わらずにデトックス効果を得られるのは嬉しいですね。
ただ、飲みすぎには要注意!
アルコールを摂りすぎることによる肝臓への負担はもちろん、コンブチャ自体にも1日の用量が決められています。
適量を守って、美味しく健康にコンブチャもお酒も楽しんでくださいね。

コンブチャ (KONBUCHA)の正体『紅茶キノコ』とは?その効果・効能と危険性についてどこよりも詳しく解説

【2018年版】コンブチャのおすすめランキング|ダイエット効果・値段・飲みやすさで比較!

ミランダも愛用!海外で話題のコンブチャとは?効果・効能をリサーチ|コンブチャ商品おすすめ5選も紹介!