【図解】デリケートゾーンの正しい洗い方|恥垢を洗い流してニオイ知らず!

【図解】デリケートゾーンの正しい洗い方|恥垢を洗い流してニオイ知らず!

デリケートゾーンは、ニオイ、かぶれ、黒ずみなど悩みが尽きない部分ですよね。そんなデリケートゾーンの悩みですが、正しい洗い方を実践するだけで、かなり改善されるかもしれません。そもそもデリケートゾーンの正しい洗い方を誰かに教えてもらうということはなかなかないかと思います。ほとんどの方が、なんとなく自己流で洗っているという方が多いのではないでしょうか。実は、シャワーで適当に流すだけだと「恥垢」がたまって匂いの原因になったり、逆にゴシゴシ洗いすぎてしまうとかぶれや黒ずみの原因になってしまうことも・・・。今回は、きちんと習ったことはないであろうデリケートゾーンの正しい洗い方を詳しく紹介していきますね。

デリケートゾーンは洗わない派?お湯で流すだけ派?

こんにちは、美活マニア編集長のゆずです。
今回は、友達同士でさえ気軽に相談できないデリケートゾーンのお悩みについて。中でも、デリケートゾーンの洗い方を正しく誰かに教えてもらう機会は、なかなか無いのではないでしょうか。
体と同じように、ボディソープやボディタオルを使ってごしごし洗っている方もいれば、お湯でささっと流すだけという方もいらっしゃると思います。わたし自身は、体と同じボディソープでそのまま洗って、デリケートゾーンがしみたという経験がよくあります。
そんな人には聞けないけれど、どうすればいいか迷ってしまう「デリケートゾーンの正しい洗い方」について説明していきます。

デリケートゾーンが正しく洗えていないと、ニオイやかぶれの原因に

デリケートゾーンはもともと臭いやすい場所

デリケートゾーンは、いくつもの原因で臭いやすい箇所となっています。
下着が密着していて通気性が悪く湿度も高いため、汗をかきやすい場所です。
さらに、タイツやストッキング、スキニーパンツなど締め付けの多い洋服を着る機会が多いと余計に蒸れやすくなります。そのため、雑菌が繁殖しやすく、これが匂いの原因になります。
また、女性特有のおりものや生理なども臭いの原因です。

デリケートゾーンのニオイの原因の1つ「恥垢」

「恥垢」とは、Iライン(びらびらした部分)にたまる白っぽいボロボロしたものです。
この「恥垢」の正体は、おりものや尿、古い角質や汗などのカスで、体に悪影響はないですが、蓄積されると異臭を放ちます。
「恥垢」はごしごし取ろうとすると、デリケートゾーンを傷つけてしまいます。
このあと紹介するデリケートゾーンの正しい洗い方を実践すれば、この「恥垢」も自然と取れるので、ご安心ください。

【図解】デリケートゾーンの正しい洗い方

①ぬるま湯で洗い流す

まずは、35〜37℃くらいのぬるめのお湯でデリケートゾーンを流していきます。
ここでは人肌くらいの温度が目安です。熱すぎるシャワーは、皮脂を必要以上に剥がしてしまい皮膚が乾燥する原因になるので気をつけましょう。
ぬるめのシャワーをV→I→Oのラインにシャワーを当てていき、1日溜まった汚れや蒸れてしまっていた部分を丁寧に流しましょう。

②デリケートゾーン専用の石鹸を泡立てる

今回はデリケートゾーン専用の石鹸をおすすめしていますが、ニオイやかぶれが気にならない方は、ぬるま湯でやさしく洗うだけでも十分です。
デリケートゾーンは、目と同じで粘膜でできているため、身体用のボディソープでは刺激が強すぎます。
デリケートゾーン専用の石鹸は、低刺激で、気になる匂いに対して消臭効果のある成分を配合しているものになるので、この機会にデリケートゾーンのケアを初めてみるのもいいかもしれません。
また、直接デリケートゾーンに石鹸をあてて、陰毛を使って泡立てるのではなく泡立て器や手を使ってあわ立ててから使用してください。

③VIOの中でも「Iライン」を丁寧に優しく洗う

V→I→Oの順番に洗っていきますが、中でもニオイやかぶれが起きやすい「Iライン」(びらびらした部分)を丁寧に洗います。Iラインは、びらびらと凹凸が多いので汚れ・おりもの・恥垢が、特に溜まりやすい部分です。

④ぬるま湯で洗い流す

最後に、石鹸で洗ったデリケートゾーンをぬるま湯で流していきます。
せっかく丁寧に専用石鹸で洗っても石鹸のかすなどがデリケートゾーンに残っていると、雑菌が繁殖してニオイやかぶれの原因になってしまいます。
お湯で流すときは、シャワーの水圧を弱くして、デリケートゾーンに指を滑らせて、しっかり洗い流してください。その際に、きちんとデリケートゾーンを目で確認しながら流せると良いです。

⑤保湿する

④までの手順で、デリケートゾーンの正しい洗い方は十分ですが、デリケートゾーンをさらにキレイにしたいという方は、お風呂上がりの保湿をお勧めします。
デリケートゾーンは、通気性がわるく蒸れやすいイメージですが、実は乾燥しやすい部分でもあります。デリケートゾーンはもともと皮膚が薄く十分に水分を皮膚に貯めることができなかったり、下着との摩擦で黒ずんで乾燥しがちです。
お風呂から上がったら、体を拭く前に、水分が残っている状態で、デリケートゾーンに専用のクリームを塗りましょう。

デリケートゾーンの洗い方で気をつけるPOINT

膣内は洗わない

デリケートゾーンで洗うべき箇所は、VIOの部分です。膣内を洗う必要はありません。膣の中が臭うからといって、指を突っ込んで洗ったりしないでくださいね。
実は、膣内は「腟自浄作用(ちつじじょうさよう)」によって常に酸性に保たれ、菌が繁殖しにくい構造になっています。

スクラブやピーリングは使用しない

デリケートゾーンの黒ずみなどが気になるから、ボディスクラブやピーリングジェルなどを使用したいと思う方もいるかと思います。しかし、デリケートゾーンに使用はNGです。
先ほど説明したように、デリケートゾーンは目と同じような粘膜でできています。必要以上に皮膚を傷つけて、かえって黒ずんだり、雑菌が繁殖してニオイやかぶれの原因になる可能性もあるので、デリケートゾーンでの使用は控えてください。

やさしく指のはらで洗う

とてもデリケートな部分です。ボディタオルは使用せず手で洗いましょう。
また、爪でデリケートゾーンを傷つけてしまわないよう指のはらを使って、やさしく撫でるように洗ってください。

正しい洗い方で清潔なデリケートゾーンをキープ

今まで、デリケートゾーンを自己流でなんとなく洗っていた方も多いと思います。
今回紹介したことをまとめると、

  • ぬるま湯で、やさしく指のはらを使って洗う
  • Iライン(びらびら)は特に丁寧に洗う
  • 恥垢・ニオイ・かぶれが気になる方は、専用の石鹸を使用する
  • 膣内は洗う必要はない

正しい洗い方で、恥垢・ニオイ・かぶれを防いで清潔なデリケートゾーンをキープしましょう!