ファスティングの"好転反応"とは?中断すべきサインとの見極め方

ファスティングの"好転反応"とは?中断すべきサインとの見極め方

ファスティングは、美意識の高い女性の間で今話題のダイエット法。 準備期間とファスティング期間、そして回復期間をしっかりと守り行うことで、ダイエットだけでなく、健康面でも美容面にも効果が期待できます。そんなファスティングを行った際に表れる”好転反応”とはどういったものでしょうか?ファスティングを行う前に、好転反応の症状や期間などを事前にチェックしておくと、突然の体の変化に驚くこともなくなり、安心してファスティングに取り組めるようになります。好転反応を理解することで正しいファスティングを行い、理想のスタイルを手に入れましょう。

ファスティングの”好転反応”とは

好転反応
好転反応という言葉をご存知ですか?
ファスティングを初めて行う際は、特にこの好転反応が表れやすい傾向にあり、体調不良だと思われる方も多いのです。
体調不良と見分けがつきにくい好転反応ですが、実は体内に溜まってしまった毒素老廃物がファスティングを行うことで排出され、体のリズムが良い方向へ整ってきているサインなんです。
そのため好転反応の表れは、ファスティングが順調に行われているという証になります。
毒素や老廃物が体内から出されると、体の調子が良くなっていきます。
 

ファスティングで”好転反応”が起こる原因とは

私たちの体は日頃の食生活や疲労、そしてストレスなどによって、知らぬうちに体に負担をかけています。
ファスティングを行うことで、体に溜まってしまった毒素が内臓から抜けていき、血液中に流れ出る時に、頭痛や下痢などの症状が表れます。
好転反応の症状は体に負担がかかっている分強く出るとされていて、日頃から食事や運動など健康的に気を使っていたり、ファスティングを何度か試されたことがある方は、症状が表れにくくなっています。
 

ファスティングで起こる好転反応の症状と対策

好転反応
好転反応は人それぞれで異なりますが、どんな症状が表れるのでしょうか?
はじめてファスティングに挑む方は、突然の体調の変化に戸惑うこともあると思いますが、ここでご紹介する症状を頭の中に入れておくことで、好転反応についての知識も高まり、気持ちにも少し余裕を持つことができるので、是非参考にご覧ください。
 

体が怠い

ミネラル不足が原因として脱水症状を起こしている可能性があります。
塩を舐めたり梅干しを食べて、塩分の補給をするように気をつけましょう。
体の怠さの改善が期待できます。
 

眠い

仮眠をとれるようであればゆっくり体を休めるようにし、仮眠が取れない場合は短時間でもいいので目を閉じてリラックスした状態で過ごしましょう。
そうすることでリフレッシュ効果が期待でき、スッキリとした気分になれます。
 

頭痛

頭痛にはさまざまな原因が考えられますが、例として1つ挙げるのが、ファスティング前の準備期間が不十分だった可能性があります。
頭痛がした際は、水分補給をするように心がけましょう。
 

吐き気

水分不足や胃腸に熱が溜まっている状態が原因と考えられます。
対処法として、こまめに水分補給をすることをおすすめします。
そして酵素ドリンクの量を少し増やすことにより、吐き気が治めることができます。
 

下痢

デトックス効果により下痢をしやすくなります。
ファスティング中は体温が上がりにくくなるため、あまりにも症状がひどい場合は、水分補給を控え、体を温めるようにしましょう。
 

吹き出物

普段の食生活で脂質が多い人は吹き出物が出やすいと言われています。
しかし、回復食を終える頃には、肌荒れも治り綺麗になっていくので、とくに心配はいりません。
 

ファスティング中の眠気・だるさは好転反応?対策方法も併せてチェック


 

好転反応と勘違いしないで!ファスティングを中断すべきサインとは

生理中
ファスティングを行う際に起こる好転反応は、ファスティング開始から2日目から起こるとされ、通常2~3日で治まる言われています。
ファスティング開始から何かしらの症状が表れ、好転反応だから大丈夫と安心していても、実は好転反応とは違い他に原因があることも考えられます。
それはどんな原因かというと、ファスティングを正しく行うには準備食と回復食を摂ることが大切で、それを誤った方法で進めてしまうと体調を悪化させることに繋がります。
そのため決して無理はせずに、対策をしても症状が治まらない場合は、おかゆなどを食べファスティング期間を早めに中断し、回復食へと移行させましょう。
 

好転反応かどうか心配なときは、専門家に相談しよう

ファスティングを行う際は、自分自身で取り組むことが多く、何か症状が表れても好転反応なのか、それとも違う原因で体調不良を起こしているのか、判断することは非常に難しくなっています。
そのため心配な場合は専門家に相談することをおすすめします。
どんな症状が起こっているかによって、訪れる場所は変わっていきますが、体の怠さや頭痛、吐き気などの症状が気になる場合は、まず内科へ行って医師に相談をしてみましょう。
 

症状の重さは人それぞれ!好転反応の症状が重い人と軽い人のちがい

好転反応の症状の表れは人によって変わってきます。
まったく症状が表れない人もいれば、日常生活をきたすまでの症状に悩まされる人もいます。
それは体の中に溜まった毒素の違いや、日頃の食生活などによって異なってくるとされ、健康的な生活を送っている人は好転反応が出にくいとされています。
反対に日頃不摂生な生活をしている方は、好転反応の症状が強く表れると仕組みとなっています。
 

継続的なファスティングで”好転反応”は軽くなる!

好転反応は軽くなる
ファスティングを行う頻度は2ヶ月に1回のペースが体に負担もかけず、ストレスも溜まりにくいとされているためいいと言われています。
初めてのファスティングで失敗をしたり途中で断念をしてしまっても、再度ファスティングを行うことは可能で、繰り返し行うことにより体内の毒素が排出され、好転反応は軽くなっていきます。
食生活や適度な運動を普段の生活から心がけるようにすることでも、好転反応が軽くなる効果を期待できるので、日常生活も健康的に過ごせるようにしていきましょう。
 

効果の兆し”好転反応”を乗り越えて、ファスティング成功!

好転反応は体のデトックス効果の表れとされているため、ファスティングが順調なことを示すサインです。
この好転反応は人それぞれで症状が重かったり軽かったりしますが、好転反応を乗り越えると体が楽になり、疲れにくくなったり朝の目覚めがよくなったりと、大きな効果が期待できます。
ファスティングを行うことで好転反応を乗り越え、健康的な体作りをし、ダイエットを成功させましょう。
 

好転反応について

  • ファスティング2日目から症状が表れる
  • 好転反応は2~3日で治まる
  • デトックスされることによって体が良い方向へ変化している証
  • 無理は禁物(症状がひどい場合はファスティングを中止する)
  • 好転反応を乗り越えると体が楽になる

週末は”プチ断食”でマイナス2キロのダイエット!正しいやり方と効果とは

生理中のファスティングは効果なし?始めるベストタイミングは〇〇!